【赤ちゃん用パジャマ】の選び方を素材別に知ろう

色々と試着してみる

選ぶポイントについて

赤ん坊

赤ちゃんが生まれると、どこへ行くにも赤ちゃんと一緒の生活になります。
赤ちゃんとの移動方法としてはベビーカーが一般的ですが、抱っこ紐を持っていると更に赤ちゃんとのお出かけがとっても楽に出来ます。
抱っこ紐については育児グッズ店に行くとわかるように、本当に様々なメーカーから色々な種類のものが売られています。
価格についても安いものから高価なものまで本当に色々とあります。
そのためどの抱っこ紐が良いのか初めての育児だとわからないことが多いと思います。
自分がどういったポイントを重視して抱っこ紐を選びたいかよく考えておくと良いと思います。
抱っこ紐はその種類によって色々と違いがあるのですが、新生児の頃から使用しようと思っている場合は新生児から使えるタイプのものを選びましょう。
売られている全ての抱っこ紐が必ずしも新生児の頃から使えるものではありません。
そのため売られている抱っこ紐がどの時期から利用できるものなのかきちんと確認することが大切です。
長い期間抱っこ紐を使用したいと思っている場合は、赤ちゃんが大きくなっても身体への負担が少ないものを選ぶと良いでしょう。
肩や腰で赤ちゃんを支える構造のものだとお母さんも疲れにくく、かなり重宝するでしょう。
赤ちゃんが抱っこ紐で快適に過ごせるように通気性の良い素材のものを選びたいという方もいるでしょう。
予算の関係から値段の上限があるという場合もあるでしょう。
こういった選ぶポイントを絞っておくことで、希望の抱っこ紐をよりいっそう見つけやすくなると思います。
良さそうなものが見つかったら、一人できちんと装着が出来るか、装着した感じに違和感がないかなどきちんと試着して確認することをおすすめします。

両手が使える

親子

赤ちゃんが誕生したら、育児に役立つ様々な育児用品が用意されます。
育児用品も実に多くの種類がありますが抱っこ紐も用意しておくととても便利です。
赤ちゃんを連れて移動する際は抱っこをすることが多いですが、そのまま抱いていると抱いている人の体にも負担がかかりますし、うっかり赤ちゃんを落としてしまう可能性もあります。
さらに抱っこで両手が塞がってしまうのも不便なものです。
そんな場合も抱っこ紐があれば、赤ちゃんをしっかり安定させることができ、両手も自由に使えるようになります。
抱っこ紐があれば手で赤ちゃんを支える必要がないので、ちょっとした家事を行うときやお買い物の際にも便利です。
そして肩だけではなく、腰ベルトもついている商品を選んでおけば肩と腰で支えることができますので赤ちゃんが成長してもバランスを取りやすく、体への負担も抑えることができます。
抱っこ紐には色々な種類があり、新生児から使えるタイプのもの、首が座ってから利用するタイプのものもありますので、商品の特徴はよく確認して用途に合うものを選んでいきましょう。
最近はおしゃれなデザインのものも増えていますので、好みのデザインで選ぶのも良いですが、安全性に優れたものを選ぶことも大事ですので、機能性、安全性も重視して良いものを選んでいきましょう。
暑い季節は熱もこもりやすいので、通気性の良いものを選んでおくことも大事です。
デザインも横抱き、対面抱き、腰抱き用など様々なものがありますので使いやすいタイプを選びましょう。

自分に合う商品の選び方

親子

産まれたばかりの新生児から1歳半くらいまでの期間、育児グッズとして活用する機会が多いのが抱っこ紐です。
抱っこ紐は機能や形状などにいくつか種類があります。
大きく分けると、横抱き用、縦抱き用、抱っこもおんぶもできる多機能タイプなどがあります。
横抱き用は、その名の通り赤ちゃんを寝かせるように抱っこすることができるので、まだ首が座らない新生児から使用することができます。
肩ベルトがありますが、手を添えて赤ちゃんを支えます。
縦抱き用は、商品によっては首が座っていない赤ちゃんでも使用可能なものがありますが、一般的には首が座ったころから使用することが多い抱っこ紐です。
種類も豊富に用意されており、肩や腰部分にバックルがついていて赤ちゃんの体重を分散させてしっかり支えるタイプのものもあります。
また、コンパクトに畳めたり洗濯するのも簡単な布だけで出来ている抱っこ紐も販売されています。
赤ちゃんの背中にあたる部分の布が取り外せて夏はメッシュ素材で使用できるものや、装着のしやすさが工夫されているものなど、メーカーによって商品の機能はさまざまです。
多機能タイプの抱っこ紐は、肩や腰のバックルやベルトを調整することで、横抱き、縦抱き、おんぶなど、いろいろな抱き方が可能になっているものを言います。
縦抱きも、赤ちゃんを前に向かせる前向き抱っこが出来たりと、3通りにも4通りにも使えます。
抱っこ紐の装着感や使用感の好みは人によって異なります。
実際に商品を装着してみて、使いやすいものを選ぶといいでしょう。

色々と試着してみる

赤ん坊

抱っこ紐を選ぶ際にはどのような希望があるか選ぶポイントをあらかじめ絞っておくと良いでしょう。育児グッズ店には種類豊富な抱っこ紐があるので、気になる抱っこ紐があったら必ず試着して違和感がないかどうか確かめましょう。

もっと読む

寝るときに最適な服

乳児

パジャマは赤ちゃんの頃から着せたほうがよく、生活習慣を身につけさせるメリットの他、素材の機能も赤ちゃんにとっては必要です。特に夏と冬は素材の機能性から赤ちゃんの健康に効果があるので、就寝しやすいパジャマを選ばなければいけません。赤ちゃん用のパジャマはデザインも幅広いので、楽しく買い物ができます。

もっと読む

ママも赤ちゃんも快適です

赤ちゃん

抱っこ紐は、赤ちゃんを抱っこした時の両手塞がりを解消してくれるので、買い物や料理などママの行動範囲を広げてくれます。太めのベルトでしっかりと土台を作ることにより、腰痛予防になります。お洒落なデザインも多く、コーディネートしやすいです。

もっと読む